個人設計事務所で高気密・高断熱で健康的な家を建てるためのブログ

高気密・高断熱家を個人設計事務所で建てるまでの経過を記録。健康や幸福について考えます。土地探し、銀行ローン、プランニング、工務店決定、施工管理などで業界の構造上、ぶちあたった壁と乗り越え方を伝えていきたいです。

収納の作り方

我が家のプランニングも本設計に入ってきて、収納の段数等も決めていく段階に入ってきました。

 

うちは持ち物のリスト作って事前に収納場所全て決める予定です。(かなり面倒ですが)

 

夫婦間で片付け方針が違うことも多いと思うのですが、我が家でも

 

使うところに使うものが全てあってほしい!手の届く範囲にあって、出し入れの手間なく効率的に!派

 

 

見た目が重要!多少手間でも全て棚のなかに入っていて、棚の中も統一のケース等に入っていて整っている!派

 

がぶつかってます。

 

まぁ、家の中が整っているのはいいことですし、どうやっても世界は散らかる方向に動くものなので、後者が優勢で使いながら外に出てくるものは外に出す形になるかなと。

 

いずれの場合でも統一の見解として、片付ける場所=物の住所が決まっていることは重要である!とゆうことです。理由は下記のようなものですね。

 

・収納容量の確認(思っていたところに入りきらないみたいなことの回避)

・不要な棚の設置の回避(布団や掃除機のような大きなものいれる場所は棚不要なことも多いので)

・収納内のコンセントの設置判断(掃除機等が充電式なので、片付けているところで充電もできるよう)

・子どもたちにも片付け習慣をつけさせやすい。

 

リストアップして持っている物品の全体像が把握できるので、これいらないだろう。みたいなことが議論できるのも引っ越し前には有効に働くでしょう。(着工~完成までの期間に売れる不要物は売ります)

 

家造りととともに結婚と子育てで増え続けた物も一気に断捨離してしまう計画です。

 

まぁ、徹底的に準備する予定なのに小屋浦収納までつくる計画なので、かなりリビングはスッキリされることでしょう!