個人設計事務所で高気密・高断熱で健康的な家を建てるためのブログ

高気密・高断熱家を個人設計事務所で建てるまでの経過を記録。健康や幸福について考えます。土地探し、銀行ローン、プランニング、工務店決定、施工管理などで業界の構造上、ぶちあたった壁と乗り越え方を伝えていきたいです。

なぜ、○条工務店ではないのか

設計事務所にした理由も書きましたが、本契約まで結んでいた○条工務店を選ばなかった理由についても触れておきたいと思います。(これについては多くの方が記事を書いているかと思います)

 

○条工務店について記事を書かれている方も最終的には悪くないとゆう評価になっていることが多いと思いますが、それには私も賛成です。

 

そして、家の値段が高いとゆう評価もあると思いますが、あのスペックで建てようとすればそれほど高くて仕方なくはない。とゆうのが見解です。他のハウスメーカーが同じ建材を使って、同じものを作ろうとするとまずあの値段は無理でしょう。(ただ、表面積が増えるような坪庭をつくったり、窓を沢山つけたりしても値段が変わらない坪単価の設定には違和感ですが)

 

では、なぜ○条工務店ではないのか。それはオーバースペックだからです。

 

全館床暖房に、ソーラーパネル、外壁材に、ガラス窓、デシカントに、水わまりのユニットもそれなりのクラスのものが標準で入っています。ただ、本当にそれが必要か。とゆうことです。

 

エアコンで全館空調している建物も多くありますが、エアコンのほうがエネルギー効率がよく床暖房のほうが電気代がかかります。一方で、大量のソーラーパネルを屋根に敷き詰めて電気代を補うパワープレイです。

 

夏場は暑いという話も聞きますが、日射取得のことはあまり考えず、窓も沢山つけて設計していることも多いためオーバーヒートしているでしょう。断熱性をあげて熱が逃げなくしてるのに、日光の熱エネルギーはなかに取り込むのですから当然です。

 

そこも力業で解決するべく、○菱がエアコンの室外機で空気中の水分を抜き取る機能を使ったデシカント(どうも特許ごと買い取って自社で作ってるっぽいですが)で湿度を下げて、気温は高いけどカラッとしている環境にして乗りきろうとゆう作戦です。

 

独特な空間になるようですが、30万ほどする上に(他社で導入しようとすると百万は確実に越えますが)、10年ほどで壊れるリスクがあります。ちなみに、冬場に宿泊体験もしてしましたが、高気密高断熱につきものの乾燥は防げていませんでした。

 

たしかに、長期保証もついていて、今の勢いを見ていると大丈夫な気にもなりますが、○条工務店になにかあったら、そのときオーバースペックの家のメンテナンスやリフォーム費用を払えるのかという疑問が生じます。

 

海外工場の賃金上昇で値上がりしていく、日本の人口減少とともに売り上げも下がり、なにか不祥事でリコールがかかって多大な損失。。ローンを払い終えていない35年間でないとも言い切れません。

 

エコなはずの高性能な家が、電気代のかかる高価な設備でエコでなくなっていることに違和感を感じるのです。

 

ただ、今のこの国の戸建て住宅市場において圧倒的な強さがあり、消費者も調べれば情報にたどりつける時代なのでこの勢いは止まらず、私の杞憂に終わればいいですね。

 

いずれにしても、キチンと調べて、よきパートナーに出会えれば、○条よりも性能が高く(数値上もですが、日射取得等を考慮することで夏も暑くなりにくい)、無駄な設備なく(メンテナンスや電気代のランニングコスト少なく)、値段も同等かリーズナブルに、設計の自由度も高く家造りができるはずです。(まだ私も途中ですが。笑)

 

いい家が増えることを願うばかりです。